【無料】人をだめにするちょいブス、チンジャオ娘の最新の過激なエロ漫画

後ろ手に縛られたかなりのブスは、恐怖と羞恥に身を震わせていた。

「痛っ、あ、やめ……っ!」

柔らな粘膜を強引に押し広げ、凶器のような男根が挿入される。

奥を突くと、いい声で啼きはじめた。

 

【人をだめにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画のネタバレと感想

このマンガは、風俗に関係するエロ漫画です。

 

主人公は、ある日、自分の家の中でエロい機械を発見します。

 

 

そのエロい機械は、血に反応して、骨針(こっしん)が出て、それが人の脳に刺さることにより、人をエロい化け物に変化させます。

 

 

しかし、そのバケモノは、おマンコにチンコ当たると敏感ですぐにいってしまう。

 

 

エロい機械を軽く説明すると、こんな感じです。

 

 

そして、しばらくするとその家に、ある若者がやってきます、ここではタクミさんとしておきます。

 

 

そのタクミさんの父が、主人公の父の命の恩人なのです。

 

 

実際には、悪さをしようとしただけなのですが、偶然にも助ける結果となったのです。

 

 

その後、そのタクミさんは、主人公を徐々に追い詰めて生きます。

 

 

しかし、主人公も負けてはいません。

 

 

そんなある日、タクミさんのオナニーの現場を発見します。

 

 

そして、それをかぶりオナニーをやめるのです。

 

 

そこから、主人公と若者の壮絶な戦いが始まります。

 

そして、その戦いは主人公の息子、さらには孫にまで発展します。

 

このマンガは、全体で何部かに分かれているのですが、私は、3部までしか読んでいません。

 

 

いや、4部も少し読んだのですが、まったく違った話のように感じたので、途中で読むのをやめました。

 

3部まで読んで読むのをやめたという人が、けっこういますが、その気持ちはわかります。

 

 

でも、4部以降が好きだという人もいます。

 

 

とりあえず楽しいマンガなので、ぜひ3部まででもいいから、見てもらいたいです。

この漫画はBookliveコミックで

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓